各地のユニークなお見合いパーティーを調査してまとめてみた!

年齢の制限はある?

最近の調査で生涯未婚率(50歳時の未婚率)が、男性で2割以上だとか。50代男性のうち2割の方が、結婚をしていないという現実があります。

それまで独身を謳歌してきた人でも定年を迎える頃になって、伴侶を探し始めることが増えているようです。つまり、お見合いパーティー参加者にも、40代50代60代と幅広い年代の人がたくさんいます。そのため年齢制限などはなく、20代から60代まで各年代に見合ったパーティーが開催されているのです。

また、趣味によって分け、ほぼ年齢に関係なく行われるパーティーもあります。

幅広い年齢層のお見合いパーティー

カップルの写真

お見合いパーティーの参加条件は20歳から上。上限は明確ではなく、最近は70代まで参加可能なパーティーもあります。

20代で参加する人の特長は、「できれば早く伴侶にめぐり会いたいけれど、そんなに焦っているわけではない」という人が多いので、あまりに生真面目なレギュラータイプのパーティーより、スポーツ観戦などのイベント系パーティーをおすすめしたいと思います。

1番参加人数が多いのが30代です。30代は仕事も安定してきて生活にもゆとりが生まれるころで、仕事と趣味を楽しみながら、そろそろ結婚を考えたいという年代。

女性は「子どもを持つなら30代までに」という人が多いため、女性の参加割合が高いようで、結婚適齢期といえる年代です。お見合いパーティーの種類も数も、バラエティーに富んでいます。

レギュラータイプのディナーパーティーから、スポーツ観戦、スポーツ参加、料理、登山など幅広く、ユニークなところでは「ラーメン食べ歩き」なども見受けられます。

40代以上になると初婚でなく、再婚希望の人が多くなります。離婚や死別など何らかの理由でシングルになり、子どもがいるという人も少なくないとか。その辺の事情にこだわらない人はともかく、後で知って驚くということを避けるためにはプロフィールシートはきちんと確認しておきたいもの。

このようにプライベートの事情は面と向かって聞くことはまず無理です。必ず事前にプロフィールシートでチェックすることをおすすめします。

40代のお見合いパーティーも30代と同じく種類も数も多く開催されているので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

さらに50代、60代以上になると、残り少なくなってきた人生を共に歩んでいけるパートナーが欲しいという参加者が増えます。お相手は、結婚相手というだけでなく茶飲み友達や趣味の仲間などをさがしている人もいるようです。